ふるさと 納税 節税。 ふるさと納税のしくみやメリットとは?節税のポイントも解説します

ふるさと納税は節税ではない!しかし税制メリットなどお得がいっぱい!

世帯年収1000万円の家庭はいくらまでふるさと納税ができる? ふるさと納税は、利用する方の収入によって有効に使える上限額が決まっています。 例えば30,000円の寄付金を行ったとしたら、28,000円が税金の対象となり、実質2,000円が自己負担となります。

4

ふるさと納税4つのメリット・3つのデメリット【節税効果はない?返礼品はお得?】

5万円を寄付した場合は、48000円の税金が戻ってくることになります。

ふるさと納税で節税できるって本当?ふるさと納税で得する方法を紹介

たとえば鹿児島県の枕崎市に5万円の寄付をしたとします。 自分が応援したい地域にふるさと納税することで、税収を上げることができます。

17

今さら聞けない!ふるさと納税で節税するしくみと注意点

ふるさと納税をした際、返礼品とともに送られてくる証明書で確定申告の際に必要です。

13

ふるさと納税はなぜお得?人気の理由とその仕組み・節税効果 [税金] All About

まとめ お得感の強いふるさと納税ですが、メリットだけでなくデメリットもあることを知っておきましょう。 通常の寄付金控除では、寄付金額の全額が税金から控除されることはありませんが、ふるさと納税の場合は、その年の所得税の還付額と翌年の住民税の控除額を合計すると、原則「寄付金額-2,000円」になります(所得額と寄付額によって、このとおりにならないケースもあります)。 しかし、中には2,000円の投資でそれ以上の価値のある豪華な返礼品ももらえますので、その意味ではお得と言えます、 逆にいうと、2,000円以下の価値しかない返礼品を選ぶと、結果的に損をするということです。

6

ふるさと納税で節税対策。誤解されがちな注意点と納税のメリット

(6)翌年の住民税から「寄付額-2000円」が控除(還付)されます。

9

ふるさと納税で節税対策。誤解されがちな注意点と納税のメリット

控除(還付)される税金は所得税と住民税の2種類 ふるさと納税で控除される税金は次の2種類です。

8