令 和 元 年版 高齢 社会 白書。 数字で読む、高齢社会白書 令和元年度版

「令和2年版厚生労働白書」を公表します

2019-07-02 「」を掲載しました。 (2)安心して住み続けるために必要なものは「近所の人との支え合い」が多い• 2020-11-27 「」を掲載しました。 4%伸びている。

もっと

令和元年版高齢社会白書(全体版)

第13章 男女共同参画に関する国際的な協調及び貢献• 変わらないことこそむしろ問題だ。 (2)高齢者関係給付費は引き続き増加 第2節 高齢期の暮らしの動向• (2)持家より賃貸住宅居住者で不安を感じている割合が高い• (7)住民等を中心とした地域の支え合いの仕組み作りの促進• 2020-06-19 「」を掲載しました。 第2章 男性中心型労働慣行等の変革と女性の活躍• 2018-12-26 「」を掲載しました。 6倍! 高齢者(65歳以上)人口 3,558万人 平成30年10月1日現在、総人口は1億2,644万人。 (1)健康づくりの総合的推進• 2020-09-25 「」を掲載しました。

もっと

令和2年版高齢社会白書(全体版)

75歳以上の後期高齢者層も 同じように健闘している。 平成29年(2017年)の構成比は17. 第8章 女性に対するあらゆる暴力の根絶• 2020-09-25 「」を掲載しました。 2018-12-26 「」を掲載しました。 また、 所得のすべてが公的年金等である高齢者世帯の割合についても 約 5~ 6割で推移しており、公的年金等が老後の生活保障において重要な役割を果たしていることがわかる。 インターネットを利用する60~70歳代は依然、増加していることが 明らかになった。 2019-05-28 「」を掲載しました。 68年間で、その人口は8. それが2000年には、17. 第3節 <特集>高齢者の住宅と生活環境に関する意識• (7)就業状況• 5倍程度増える見込み。

もっと

「令和2年版厚生労働白書」を公表します

年齢別に見ると、60~74歳までは「75歳以上」が最も多いが、75歳以上では「80歳以上」が最も多い。 第3節 <特集>高齢者の経済生活に関する意識• 入手方法等 「高齢社会白書」は全国の政府刊行物サービス・センター、官報販売所等で購入できます。 2019-09-27 「」を掲載しました。 (1)先進技術の活用及び高齢者向け市場の活性化• (3)仕事をする理由は年齢が上がるほど多様化• うち3,558万人は65歳以上が 占める。 5% 60歳以上の「暮らし向き」に関する意識調査に拠れば、80歳以上の男女で 「家計にゆとりがあり、まったく心配なく暮らしている」・「家計にあまり ゆとりはないが、それほど心配なく暮らしている」人の合計が、 71. 2020-07-15 「」を掲載しました。 これを見る限りシニアの保有するストックは大きい。 【社会保障の充実は、高齢の親に対する私的扶養の負担を軽減してきた】 p81 社会保障においては公的年金の充実や介護保険制度の創設等によって、高齢の親に対する生活費の負担や日常的な世話、介護といった私的扶養の負担が軽減されてきた。

もっと