神奈川 県 労働 基準 監督 署。 神奈川県の労働基準監督署 管轄一覧

鶴見労働基準監督署(神奈川県)

労働保険(労災・雇用)の保険料の徴収に関する事務を扱う厚生労働事務官は、所管の労働保険の保険料の徴収等に関する法律により(国税徴収法の準用規定がある。 労災課(旧:第三課) 方面制署の労災課の所掌事務を行う。

もっと

鶴見労働基準監督署(神奈川県)

方面制署 方面制署は、中~大規模の労基署である。 労働基準監督官は、労働基準監督官のまま厚生労働事務官及び厚生労働技官の職務を行うことは可能であるが、厚生労働事務官または厚生労働技官が転官せずに労働基準監督官の職務を行うことはできない。 各労働基準監督官は、労働基準法、最低賃金法、労働安全衛生法などの労働基準関係法令を、事業場が遵守しているかどうかを監督する。

もっと

「労働基準関係情報メール窓口」 送信フォーム|厚生労働省

二課制署 [ ] 二つの課が置かれている労基署の課は、次のとおりである。 を付した欄については、必ずご入力のうえ、内容確認ボタンをクリックしてください。 技官独自の職務領域が減少しているので、新人事制度では厚生労働技官の採用を中止して労働基準監督官を安全衛生業務に充てていて、厚生労働技官の採用は廃止されている。 課長以外に、労災保険給付調査官・労働保険適用指導官・係長・主任・係員などが配置される。

もっと

神奈川県|厚生労働省

職務遂行能力には、個人差が大きい。 )、監督・安全衛生担当には労働基準監督官(なお、厚生労働技官は次長にはなれない)が、労災補償・業務担当には厚生労働事務官が就任する(労働基準監督官、厚生労働技官の就任も可能)。 スポンサードリンク > >. 課長には、厚生労働事務官が就任する。

もっと

神奈川県の労働基準監督署一覧|労災の手続きなど|管轄ナビ

業務課 庶務、庁舎管理、賃金構造基本統計調査、会計、労働者災害補償保険の保険金支払を行う。 課長には、労働基準監督官が就任する。 )、監督・安全衛生担当には労働基準監督官(なお、厚生労働技官は次長にはなれない)が、労災補償・業務担当には厚生労働事務官が就任する(労働基準監督官、厚生労働技官の就任も可能)。 課長には、厚生労働技官または労働基準監督官が就任する。 厚生労働事務官は、庶務などの管理部門・労災補償部門・保険関係成立の適用部門・徴収部門を相互に異動し、場合によっては労働基準の相談・調査部門に配置されて労働基準監督官の業務補助の一部を行うこともある。

もっと

労働基準監督署

)と署安全衛生課だけに勤務することが多く、専門性は高いが、つぶしがきかなくなる(安全衛生以外の業務経験がないので、他の業務ができない)という問題もある。 )、監督・安全衛生担当には労働基準監督官(なお、厚生労働技官は副署長にはなれない) が、労災補償・業務担当には厚生労働事務官が政令監督官として労働基準監督官に転官したうえで就任する(厚生労働技官の就任も可能)。

もっと

労働基準監督署の所在地・管轄一覧

「産業安全専門官及び労働衛生専門官規程」参照• 労働基準監督官が就任する。 課長には、厚生労働技官または労働基準監督官が就任する。

もっと

神奈川県の労働基準監督署一覧|労災の手続きなど|管轄ナビ

監督課(旧:第一課) 方面制署の各方面、安全衛生課、業務課の所掌事務を行う。 そのような事態を防ぐために、近年では若年時から厚生労働事務官の業務である庶務会計・労災補償に積極的に配置するようにしているようであるが、逆に厚生労働技官の専門性が向上しない、厚生労働事務官に比べると慣れない業務への異動が多いといった不満も出ていて、三官の中では「冷や飯食い」の立場にある。 ( 2018年9月) 厚生労働事務官は、国家公務員一般職試験に合格して都道府県労働局をまとめたブロック単位で採用され、同一のブロック内の都道府県労働局で勤務していく。

もっと