ムーラン ウイグル。 ディズニーの新作映画がウイグル虐殺に関与していた事実が発覚して世界中から猛バッシングを受ける

ディズニー『ムーラン』に「深い悲しみと抗議」ウイグル協会が公式声明

ディズニー社(日本の現地法人はウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社)にはこの問題に対して、以下の項目を要求します。 この発言に対し、「なぜ中国人と言えないのか、中国人と言うのがそんなに恥ずかしいのか?」と言った発言が相次いだ模様。 ウイグル協会はさらに、ディズニーへ『ムーラン』のスタッフロールの修正や、世界の人権問題に対する今後の取り組みの発表、ウイグルの人々への公式な謝罪などを要求している。 88%はニュートラルだった。 ウイグルの人々への公式な謝罪などを要求している。 お前誰だよって毎度思う。

もっと

【悲報】ディズニー新作映画「#ムーラン 」、中国・新疆ウイグル自治区で撮影 エンドロールで発覚

『ムーラン』のエンドロールでは、「China Special Thanks(チャイナスペシャルサンクス)」として、中国での撮影で協力を得た機関や会社の名前が表示されている。 ムーランのどのくらいの場面が新疆ウイグル自治区で撮影されたのかは不明だが、同作品に携わった人たちがSNSやインタビューで明らかにしたところによれば、同地でロケハンや撮影が行われている。 ムーランは、1998年に制作されたアニメーション映画の実写版。 視聴者らは、同作のエンドロールでディズニーが「深い感謝」の意を表明した協力機関に、新疆ウイグル自治区の8政府機関が含まれていることを発見。 また、同作品の制作チームは建築雑誌「アーキテクチュアル・ダイジェスト」の取材で、撮影地の調査で数カ月間、新疆に滞在していたと話していた。

もっと

実写版『ムーラン』にボイコット運動。新疆ウイグル自治区で撮影、中国マーケットを狙うディズニーに批判も

Samba TVの推定によると、同社は少なくとも3350万ドルの収益を上げており、海外の映画館での興行収入は600万ドルに達している。 ディズニーは本作のエンドロールの中で、ウイグル人やカザフ人等のイスラム教徒を100万人規模で弾圧しているとされる地域にある複数の中国共産党機関に謝意をのべていた。 2019年には主演女優がSNSで香港警察への支持を表明したことから民主派の活動家から映画をボイコットするよう求める声が出ていた。 これにより批判が殺到した。 武力行使も行われていたとされている。

もっと

ディズニー、中国の収容所近くで『ムーラン』撮影したことに対する論争についに反論!ことの経緯を細かく説明

まあ露骨にやると角が立つんだよねえ。 今作は中国を舞台に描いた作品ということで、ディズニーは中国市場を大いに期待していたと思います。 ディズニーの「ムーラン」が中国共産党のプロパガンダに加担し利用されたとあっては、ディズニー作品を愛する世界中の人々に大きな失望と怒りと悲しみを与えるでしょう。 撮影の一部を中国の新疆ウイグル自治区で当局と協力して行われていたためだ。

もっと

実写映画「ムーラン」の一部は新疆ウイグル自治区で撮影 反発の声が上がる

その中には、人権侵害に加担したとされるトルファン市の公安局も含まれていたという。

もっと