Jal 国内線 減 便。 JAL、国内線55路線減便 29日から1日2割減

JAL、国内線566便追加減便 12日から59路線1300便超影響

那覇線は40便が減便となり、最大で3往復6便を減便する。

もっと

〔8月1日~31日搭乗分〕新型コロナウイルス肺炎の影響に伴う一部路線の一部運休・減便・時間変更について(2020年8月20日更新)

JAL JAL(日本航空)は、新型コロナウイルス感染症による環境変化の対応として6月15日~30日の国内線で減便を実施するが、緊急事態宣言解除後に徐々に回復の兆しがあることから、6月上旬よりも運航便数を増やし、運休していた一部の便の運航を再開すると発表した。 今後も皆さまに安全・安心にご利用いただけるよう努めてまいります。 那覇線の減便は56便で、1日あたりの減便数では28日の5往復10便減が最大となる。 追加減便を含めると、12月5日 土 から1月5日 火 の減便対象は、24路線、計418便となります。

もっと

JAL、国内線15路線再開へ 15日から復便、減便率5割台に

ANAホールディングス 傘下の全日本空輸(ANA)も9日、19日までの国内線1523便を追加減便・運休すると発表。 ANA ANAは7日間で国内線9路線で206便に影響が出る。 羽田発着の地方路線では、広島線(1日10往復20便)の28便が最多。 3月17日はもう1往復減便し、1日7往復運航となる。 このほかの伊丹発着では、長崎線が18便、山形(1日あたり3往復6便)と熊本(同3往復6便)、宮崎(同5往復10便)の3路線が16便ずつ、松山(同3往復6便)が14便、青森(同3往復6便)と秋田(同3往復6便)が12便ずつ、大分(同3往復6便)が2便を減便する。

もっと

JAL、国内線15路線再開へ 15日から復便、減便率5割台に

関連リンク 航空券対応 ・(20年3月6日) ・(20年3月6日) ・(20年3月2日) 国内線減便 ・(20年3月9日) ・(20年3月7日) ・(20年3月6日) ・(20年3月4日) ANAは国内線普通席でドリンク提供中止 ・(20年3月5日) JAL客室乗務員感染も症状なし ・(20年3月9日) JAL国際線への影響 ・(20年3月10日) ・(20年3月3日) ・(20年2月27日) ・(20年2月18日) ・(20年2月6日) ・(20年2月4日) ・(20年1月31日) ANA国際線への影響 ・(20年3月10日) ・(20年3月7日) ・(20年2月25日) ・(20年2月20日) ・(20年2月13日) ・(20年2月6日) ・(20年1月30日) ・(20年1月30日) ・(20年1月29日) 大手2社以外への影響 ・(20年3月6日) ・(20年3月6日) ・(20年3月5日) ・(20年3月3日) ・(20年3月4日) ・(20年3月3日) ・(20年3月2日) ・(20年2月21日) ・(20年2月14日) ・(20年2月4日) ・(20年2月27日) ・(20年2月12日) ・(20年2月5日) 海外の航空各社の運休 ・(20年3月10日) ・(20年3月9日) ・(20年3月9日) ・(20年3月8日) ・(20年3月7日) ・(20年3月5日) ・(20年3月3日) ・(20年3月1日) ・(20年2月26日) ・(20年2月19日) ・(20年2月10日) 入国規制 ・(20年3月5日) ・(20年3月4日) ・(20年3月3日) 各空港でも影響 ・(20年3月10日) ・(20年2月29日) ・(20年2月27日) セントレアの検疫で感染者確認 ・(20年3月4日). 丘珠-釧路線(1日4往復8便)は8便が減便となり、9日から12日までは1日3往復となる。

もっと

JAL、羽田/新千歳線など国内29路線で減便 3月6日から12日

ANAでは、年末年始運航状況は過去の発表と変らないものの、1月6日から31日までの期間で減便。 J日本航空(JAL)は7日、12日までの国内線における追加減便・運休を発表した。 羽田発着の地方路線15路線は、いずれも最大で1往復2便ずつの減便となる。 6月13日~14日には、鹿児島~屋久島線で計4便の追加減便を実施する。 期間中は1日あたり最大で3往復6便が減便となる。 羽田以外の地方路線 伊丹発着のジェイエア路線は、今回から従来の仙台(1日あたり8往復16便)と鹿児島(同7往復14便)、長崎(同4往復8便)の3路線のほか11路線が追加となり、14路線に増加。

もっと

JAL、国内線でさらに減便 12月5日~1月5日

1月の減便数は、羽田発着30路線、伊丹発着12路線など、計66路線で3,954便です。 小松線(同6往復12便)は10便、南紀白浜線(同3往復6便)は8便、関西線(同3往復6便)は6便、出雲線(同5往復10便)は4便、三沢線(同3往復6便)は2便を減便する。 同社によると、4月の国内線予約数は前年同月比約7割超減、運航数は同3割弱減となる。 日本航空 JAL グループは新型コロナウイルス感染拡大による需要減に伴い、2021年12月18日 金 から1月31日 日 まで、国内線を減便します。 対象は計720便です。 一方、15日から運航を再開するのは15路線で、このうち羽田発着は秋田、山形、南紀白浜、岡山、山口宇部、北九州、宮古、石垣の8路線を再開する。

もっと

JAL、国内60路線1468便減便 20日から、羽田-札幌は最大5割減

このほか、羽田発着では広島(1日8往復16便)と徳島(1日7往復14便)、熊本(1日8往復16便)の3路線線が12便ずつ減便。 5往復から17往復を計画していたところ、少ない場合で1日13. 対象となるもう1路線の高松線(1日6往復12便)は、6日から11日までの6日間で1日1往復ずつ、12便を減便する。 減便を発表済みの12月18日から1月5日までの期間も追加減便が決まり、12月は120路線中78路線4958便、1月は72路線4189便を減便する。 羽田発着は、幹線4路線と広島線を含め、旭川や青森、徳島、鹿児島など28路線が減便対象となる。 1月の減便率は16%で、12月の19%から3ポイント改善する。 羽田以外を発着する地方路線は、中部-新千歳線(1日5往復10便)と伊丹-鹿児島線(1日6往復12便)、福岡-那覇線(1日最大9往復18便)が14便ずつ、いずれも3月6日から12日までの期間内で1日1往復ずつ減便。 機材繰りなどにより、減便対象となる路線が拡大した。

もっと

JAL、国内線でさらに減便 12月12日~12月26日

当該便ご利用のお客さまへは弊社より電話、またはメールでご連絡をさせていただき、前後便へのお振り替えをさせていただいております。 1月に運休するのは、成田-札幌(新千歳)線と伊丹線、福岡線の3路線で、一部の日が運休となるのは、羽田-山形線と広島-札幌線など4路線。 対象は計418便です。 1日16往復32便の札幌線の場合、期間中は10往復20便から11. このうち最も多い32便が減便となるのは札幌(1日あたり4往復8便)と新潟(同4往復8便)の2路線。 このほか、青森(1日3往復6便)と花巻(同3往復6便)に加え、今回からは女満別(同3往復6便)も対象となり、いずれも16便ずつが減便となる。 広島線は25日と26日、28日の3日間は、1日3往復6便ずつを間引く。 福岡発着は那覇と松山、宮崎の3路線、鹿児島発着は屋久島と奄美大島、徳之島の3路線が、それぞれ対象となる。

もっと

JAL、国内線でさらに減便 9月減便率は40%に

JALでは年末年始にあたる12月25日(金)から2021年1月5日(火)までと、1月6日(水)から31日(日)の期間などで合わせて減便。 写真は都内で2016年10月撮影(2020年 ロイター/Toru Hanai) [東京 10日 ロイター] - 日本航空(JAL) は10日、19日までの国内線1555便を追加減便・運休すると発表した。 4月の国内線運航数は約34%減、予約数は約80%超減となる。 伊丹発着は花巻、山形、新潟、熊本の4路線、関西発着が石垣、札幌(新千歳)発着が花巻、那覇発着は岡山が再開になる。 政府の緊急事態宣言発令を受け、さらなる需要減少や外出自粛が続くことを見込み、52路線・769便の追加減便に踏み切った。 期間中の減便率は54%となる。

もっと