四 十 九 日 お金。 地方自治法

・中小企業退職金共済法(◆昭和34年05月09日法律第160号)

H29. 過去勤務期間の通算の申出等 第二十七条 退職金共済契約の申込みを行おうとする者 その者の雇用する従業員について現に退職金共済契約を締結しているものを除く。

もっと

四月十九日 月 :: 東文研アーカイブデータベース

が申し出たときはその者に係る退職金に相当する額を機構から当該団体に引き渡すことその他厚生労働省令で定める事項を約する契約を締結している場合において、当該退職をした者が退職後厚生労働省令で定める期間内に、当該退職金を請求しないで当該団体が行う退職金共済に関する制度に基づき退職金の支給を受けるべき者となり、かつ、厚生労働省令で定めるところにより申出をしたときは、当該団体との契約で定めるところによつて当該退職金共済契約による退職金に相当する額の範囲内の金額で厚生労働省令で定める金額を、当該団体に引き渡すものとする。

もっと

地方自治法

資産管理運用機関等への解約手当金に相当する額の移換等 第三十一条の四 共済契約者が会社法 平成十七年法律第八十六号 その他の法律の規定による合併、会社分割その他の行為として厚生労働省令で定める行為 以下この項において「合併等」という。 06 施行• 過去勤務掛金の納付 第二十八条 前条第一項の規定による申出をした共済契約者は、当該申出に係る被共済者について、退職金共済契約の効力が生じた日の属する月から五年 過去勤務期間が五年に満たないときは、当該過去勤務期間の年数 を経過する月 その月前に被共済者が退職したとき、又は退職金共済契約が解除されたときは、退職の日又は退職金共済契約の解除の日の属する月 までの掛金が納付されている各月につき、過去勤務通算月額に過去勤務期間の年数に応じ政令で定める率に次条第一項第一号の規定による退職金の額のうち第十条第二項第三号ロに定める額の支払に要する費用を考慮して厚生労働大臣の定める率を加えて得た率を乗じて得た額の毎月分の過去勤務掛金を翌月末日 退職金共済契約が効力を生じた日の属する月分の過去勤務掛金にあつては、翌々月末日 までに納付しなければならない。 日本では、8世紀初頭に編纂されたにおいて公式文書の帳簿類に大字を使う事が定められている。 農業協同組合法等の一部を改正する等の法律• H30. その他の当該特定企業年金制度等を実施する団体として厚生労働省令で定めるものに引き渡すものとする。 、確定拠出年金法 平成十三年法律第八十八号 第二条第二項に規定する企業型年金 第三十一条の三及び第三十一条の四において「企業型年金」という。 01 施行• (平成三十年法律第四十四号)• の過去勤務期間 当該申込みを行おうとする者に雇い入れられた日から退職金共済契約の効力が生ずる日の前日までの継続して雇用された期間から第三条第三項各号に掲げる者であつた期間のうち厚生労働省令で定める期間を除いた期間 その期間に一年未満の端数があるときは、これを切り捨てるものとする。 01 施行• 地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律• 交通局• 廃棄物の処理及び清掃に関する法律の一部を改正する法律• H30. の詩 「富士山作品第質」に使用例がある。

もっと

小学校令(明治十九年四月十日勅令第十四号):文部科学省

19 施行• 第一条 小学校ヲ分チテ高等尋常ノ二等トス 第二条 小学校ノ設置区域及位置ハ府知事県令ノ定ムル所ニ依ル 第三条 児童六年ヨリ十四年ニ至ル八箇年ヲ以テ学齢トシ父母後見人等ハ其学齢児童ヲシテ普通教育ヲ得セシムルノ義務アルモノトス 第四条 父母後見人等ハ其学齢児童ノ尋常小学科ヲ卒ラサル間ハ就学セシムヘシ其就学ニ関スル規則ハ文部大臣ノ認可ヲ経テ府知事県令ノ定ムル所ニ依ル 第五条 疾病家計困窮其他止ムヲ得サル事故ニ由リ児童ヲ就学セシムルコト能ハスト認定スルモノニハ府知事県令其期限ヲ定メテ就学猶予ヲ許スコトヲ得 第六条 父母後見人等ハ小学校ノ経費ニ充ツル為メ其児童ノ授業料ヲ支弁スヘキモノトス其金額ハ府知事県令ノ定ムル所ニ依ル 第七条 寄附金及其他ノ収入金アリテ小学校ノ経費に供スルトキハ其収入及支出ノ方法ハ府知事県令ノ定ムル所ニ依ル 第八条 授業料及寄附金等ヲ以テ小学校ノ経費ヲ弁シ能ハサル場合ニ於テハ区町村会ノ議決ニ依リ町村費ヨリ其不足ヲ補フコトヲ得 第九条 小学校教員ノ俸給旅費ハ府知事県令ノ定ムル所ニ依ル 第十条 小学校資金ノ収入及支出ハ其管理者ヨリ毎三箇月府知事県令ニ報告スヘシ 第十一条 小学校ニ属スル資産ノ管理ニ関スル規程ハ府知事県令ノ定ムル所ニ依ル 第十二条 小学校ノ学科及其程度ハ文部大臣ノ定ムル所ニ依ル 第十三条 小学校ノ教科書ハ文部大臣ノ検定シタルモノニ限ルヘシ 第十四条 私立学校ニ於テ小学校ト均シキ普通教育ヲ児童ニ施サントスルモノハ予メ府知事県令ノ認可ヲ経ヘシ 第十五条 土地ノ情況に依リテハ小学簡易科ヲ設ケテ尋常小学科ニ代用スルコトヲ得但其経費ハ区町村費ヲ以テ支弁スヘシ 第十六条 小学簡易科教員ノ俸給ハ地方税ヲ以テ之ヲ補助スルコトヲ得 お問合せ先. 01 施行• H28. H31. 大字を用いる時は一般にを用いた書き方が行われる。 (平成二十五年法律第百十一号)• (平成二十六年法律第六十九号)• 01 施行• 都市農地の貸借の円滑化に関する法律• の実施の通知をした場合には、前条第一項の規定にかかわらず、機構は、当該被共済者に解約手当金を支給しない。 同じく、「六千円」を汚い直筆で書けば、「大干円」と相手に誤認させる事も可能になる。

もっと

四月十九日 月 :: 東文研アーカイブデータベース

2019年12月24日閲覧。 01 施行• H27. H28. R01. R01. (平成二十四年法律第六十二号)• H29. 01 施行• 現在のには「」、「」、「」、「」と書かれている。

もっと